中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

へそくり貯蓄の収支~2020年

忘れていました。

私のへそくり貯蓄の2020年の収支報告。

 

忘れていたくらい動きのない1年でしたが、記録のためにアップします。

 

2019年の記事はこちらです。

 

www.mamomi1.com

 

収入  387788円 (2019年 397266円)

 

支出   44510円 (2019年   659582円)

 

 

収支  343278円 (2019年  ▲262316円

 

ということで、大幅黒字の1年でした。

 

収入内訳

年金 103508円

特別支給の老齢厚生年金と企業年金の2種類のこれでも合計額💦

 

給与 161760円

そういえば、昨年はコロナが話題になった2月に仕事をしていましたね。

こんな長引くとは思わなかったけど、まだ何を恐れればよいのかわからず満員電車が怖かったのを思い出しました。それ以降、仕事の依頼はありませんでした。

あっ、依頼は来たことがあるけど、勤務地が遠く、期間も長かったのでお断りしました。

 

その他 122520円

10万円は、特別定額給付金です。残りはカードのポイントや、立替分の入金など。

 

2019年の収入とほぼ変わらずですね。

でも内訳は違いますね。

給与が減。年金倍増。その他は同じくらい。

 

支出の内訳は、楽天カードでの買い物だけです。

買い物履歴をみると、5000円以上の高額な物はありませんでした。

実家の母のファクシミリの用紙。

着圧ハイソックス。

掃除のパーツ。

花粉症のアプリ。

マスク。などなど。

 

旅行などの娯楽への支出はありませんでした。

それでも、ちりも積もりましたね。

 

 


通帳を見て喜ぶ人のイラスト(女性)

 

34万円もの予定外の黒字でした。

 

早くへそくり貯蓄から補填しなければならないほどの旅行がしたいです。

 

現役で働いている人たちはコロナ禍の影響で、収入が下がっているという中、入るお金は変わらず、使いどころがない、とは、贅沢な話ですよね。

収入に変化のない世代は、娯楽、旅行費が減った分、貯めこまずに、どこかで使った方がよいのでしょうかね?

 

わずか34万円の黒字で、日本経済を憂いるなんて、おこがましいですが。。。