中流奥様の還暦ブログ

還暦から4年も過ぎました。2歳上の夫は完全リタイア2年目。完璧な年金生活者になりました。家計のことお金の動きを中心に綴っています。

夫とは認識が一致しませんでした。。。

夕方になると散歩に出かけるのが暑い夏の日課の夫。

いつも何か買ってくる物はない? と聞いてきます。

涼しいスーパーが散歩コースのようです。

なので夫に買って来てもらう物を残しています。

毎晩飲む炭酸水や牛乳、バナナとかわかりやすい物、重たい物です。

 

果物も時々お願いします。

果物は値段を確認しないで買うので、○○円以下だったら買って来て、と。

ぶどうと言ったら、千円もする巨峰やシャインマスカットも平気で買って来てしまいますから。

 

暑かったのでスイカを頼みました。

まさか丸ごと1個は買わないと思うけど一応、「カットスイカね。」とお願いしました。。

私はこんなイメージでした。

暑いし、もうじき夏だから、スイカの話 - 野菜の基礎知識

 

夫が買って来たスイカは。。。

 

 

 

笑っちゃいました。

確かにカットスイカです。

でも、私はここまでカットされたスイカを買ってきたことはありません。

 

ここで怒ってはケンカになります。

笑って終わらせないと。

 

夫に物を頼むときには、くどいくらいに説明しないといけないと、改めて思いました。

 

400円ぐらいのカットスイカのパックは4人だと1回で食べ終わっちゃいます。

それに、あんなに断面があるとすぐに乾燥して傷んじゃいそうでスイカの細かいカットのパックはまだ敬遠しています。

 

それにしても果物は贅沢品ですね。

朝食に果物を食べますが、果物代もバカになりません。

急遽 草津温泉へ

楽しみにしていた白神山地へ旅行は出発前日に予約した飛行機、ホテル、新幹線をすべてキャンセルしました。マイレージで取った飛行機は日程変更ですけどね。

 

やれやれ。

でも、今が夏休みの次女は、どこかに行きたいのです。

私はいつも夏休みだけど、さあ旅行だ!!と気分は盛り上がっていたので、どこでもお供します。の気分でした。

 

今から翌日の宿泊予約が取れて、多少涼しくて、のんびりできて、あまり遠くなく、と考えました。

軽井沢?? もう何度もいったよね。

長野の○○高原など(○○に入る地名はあれこれ出てきました。)

 

結果、草津温泉に落ち着きました。

f:id:monimoni1:20220817211229j:image

私は初草津温泉です。次女は2回目。

予約できたホテルはこちら。

www.hotespa.net

施設の外観

【季の湯】露天風呂

 

お隣に1万円程グレードがあがる「湯宿季の湯」があります。

温泉や厨房は共用です。

違いは各部屋に露天風呂がついていること。

せっかくだから温泉は大きな湯舟がいいです。

だから、値段が安い方でOKです。

 

交通は新宿バスタから高速バスを利用しました。

平日だった行きは、既にお盆渋滞なのか1時間遅れ。

帰りはお盆休み初日と思われる祝日だから、上りは空いていると思いきや、自己渋滞に巻き込まれこちらも1時間の延着。

ちょっと、いや、だいぶ疲れました。

 

突然決まった草津温泉旅行ですが、上げ膳据え膳は最高ですね。

温泉に入って、部屋に戻ればもう寝るだけ。

最近、食事作りがとてもストレスに感じていたので、本当に至福の時間でした。

メニューも買い物も調理もありません。出された物を食べることのなんて幸せなこと。

 

ホテル代 35300円

バス代  16000円

観光・お土産・飲食代 11400円

合計 62700円

 

以上、家計からの支出分です。次女もチョコチョコと支出していましたが、基本は家計からの支出です。

次女と二人分ですが、合計すると結構な金額になっていますね。

 

8月になって私ばかりが2回も旅行に出て、夫は留守番です。

一応、誘いましたよ、草津も長岡花火大会も。

でも、お断りされました。 しかたないでしょ。。

 

 

 

幻の白神山地への旅行

次女はお盆のあたりが夏休みです。

夏休みの旅行は涼しい自然の中にゆっくり浸りリフレッシュしたい、と。

マイレージを使って飛行機で行こうと、計画を練り始めました。

 

ANAのマイレージが貯まっているので、北海道に行こうと動き出した時には、マイレージで取れるチケットはすべて売り切れでした。道内どこの空港も。

 

ならばまだチケットが取れる行先はどこだ! と探したところ、大館能代空港行きがありました。

この空港から行ける観光地はどこだ! と探したところ、世界遺産の白神山地がありました。

 

そこから、白神山地について調べて、計画を練りました。

「白神山地」という単語は知っていても、具体的にどこなのかは知識がありませんでした。秋田県と青森県にまたがる広大なエリアを指すと初めて知りました。

 

能代から五能線に乗って、十二湖でトレッキング散策して、また五能線に乗って鰺ヶ沢のホテルでのんびりして、弘前~青森。帰りは新青森から東北新幹線で。

と、3泊4日の旅のスケジュールが固まり、ホテルも、五能線の観光列車のチケットも、帰りの新幹線のチケットも予約完璧です。

 

トレッキングシューズも買ったし、しっかりした雨合羽も買ったし、準備万端。

 

ところが、ところが私が長岡花火大会を何とか見ることができていたころ。

新潟の下越地方から秋田・青森が大雨でした。

 

帰ってからニュースでみる大雨の被害で出る地名が、まさしく今回の旅行先でした。

深浦町や鰺ヶ沢町。

 

こんなに甚大な被害が出ているのだから、JRの列車の運行状況を気にしなければいけなかったのに、2日ほどのほほんと過ごしてしまいました。

またまた天気予報は雨マークばかり。晴れないかな~と、そちらばかり気になって。

 

そして、出発2日前の夜。

なにげにJRのサイトに行ってみると、五能線の一部運休のお知らせが。。

復旧には時間がかかります。と。

 

ここからが大変。

さあ、どうする。どうする。

五能線はあきらめて他のルートを回ろうか、でも奥羽本線も一部不通だし。。。

頭が真っ白になりました。

 

次女と話し合った結果、今回の白神行きは中止にしました。

 

飛行機のチケットは変更ができました。

新幹線のチケットも払戻ができます。

ホテルもキャンセル無料。

ただ、鰺ヶ沢のリゾートホテルは、キャンセル料金が発生していました。30%。

楽天トラベルで予約してありました。

 

ここは慌てずに、翌日にホテルに直接電話をしました。

五能線が動いていないので行かれないのでキャンセルしたい、と。

すると親切なホテルで、キャンセル料金なしでキャンセルができました。

ホテル側から楽天トラベルの予約を取り消してくれました。

 

と、わずかな新幹線の払戻手数料だけですみました。

 

今回の旅行は中止にしてよかったです。

 

ますます、東北地方に大雨の被害で出ています。

被害にあわれた方が1日も早く日常が戻りますように。

 

 

長岡大花火大会のお小遣い帳

前回は初めてだったこともあり、友達3人と相談して、一人6500円相当でお世話になりました。

3人合計で15000円分の商品券、4000円弱の手土産。

 

でも、過分なおもてなしをしてもらったので、少なかったね、と友達と話して帰りました。

 

今回はご夫婦で花火だけを一緒に観る友達は、一人5000円で1万円を渡すと。

私は長女と二人で宿泊までお世話になるので、一人1万円で2万円お礼としました。

 

手土産にニンベンのだしや麺つゆなどを箱詰めにして。

本枯鰹節 薫る味だし(かつおと昆布)8g×22袋入<常温・O>

 

本枯鰹節つゆの素 特撰(3倍濃厚)<常温・O>

 

2380円。

 

スーパーで米やへぎそばなどを購入したお土産代。6371円也。

他のお土産や飲み物代。 1666円。

 

東京⇒長岡 新幹線代。18620円。

 

帰りの新幹線は長女が出してくれました。15200円(浦佐駅から乗車・自由席)

 

家計からの支出は 49037円

 

総支出は 64237円 でした。

 

「(お礼の)2万円はもらい過ぎだわ。」と友達は、返そうとしました。

到着日のランチからのすべての食事・飲み物代、花火の桟敷席代、車での移動のガソリン代等、すべてお世話になったのですから、「そんなことはないから。」 と、受け取ってもらいました。

ツアー等で行くことを思えば、たっぷり楽しめるしありがたいほど安いです。

 

出発まではドキドキでしたが、とても楽しい旅でした。

 

 

 

長岡大花火大会 その2

長岡大花火大会2日目(8月3日)は、どこの天気予報を見ても雨予報でした。

今の東北の大雨の初っ端っていう感じです。

長岡駅に着いた昼過ぎは、青空や時々日差しもある天気でした。

どうか雨が降らずに花火大会が無事に開催されますように。。。と、長岡市民や遠方からの観客全てが祈っていたと思います。

 

東京からの友人夫婦は、新潟駅前のホテル(これはとてもラッキーなことらしいです)の予約だったので、いったん新潟のホテルに行ってから長岡に戻って来ました。

無事に桟敷席で合流しました。

新潟市内は雨が降っていたとのこと。

 

花火大会会場はみんなの願いが通じたのか、雨が降らないまま無事に開始時刻を迎えました。

最初の花火を無事に見ることができてホッとしました。

ところが、途中からひとしきり雨が降ってきました。

慌てて雨合羽を着ましたが、激しい降りにはならず、小雨だったり、やんだりで最後まで花火は打ちあがりました。

 

初めて観る長女は大感激でした。

私のコロナ関連や、天気予報に翻弄されましたが、本当に無事に見ることができて大満足でした。

 

その深夜から、長岡もたたきつけるような大雨が降りだしました。

間一髪??で、花火大会は無事でした。

 

翌日は、近所のスーパーへ連れて行ってもらいました。

この時期は全国発送の料金がかからないから、お土産など送るといいよ、と教えてくれました。

まずはへぎそばです。

前回買って帰ってとても好評だったので、今回も買うと決めていました。

ただ乾麺は重たいんですよね。

土産物屋で買うより、安く買えました。

小嶋屋 布乃利 そば詰合せ K-5

 

写真お借りしました。

 

写真と同じ乾麺ですが、ネットで見る価格より2割ほど安く買えました。

新潟と言ったらお米です。

お米はお土産と言うより必需品です。

宅配をしてくれるのでお勧めのお米を5KGk買いました。

 

ヤマダイニュータッチ新潟長岡生姜醤油ラーメン128G×12個セット

 

長岡ラーメンが食べてみたいと、長女は言っていたのですが、ちょっと無理そう。

ならば、カップラーメンがあるよ、と。かさばるお土産なので、宅配は本当に助かります。

 

お土産を買ってから、友達夫婦が日本酒八海山の蔵元運営している「魚沼の里」を案内してくれました。車で1時間ほど。

時々雨が降るし、太陽が出るといった安定しない天気でした。

 

広い敷地内に色々な施設が点在しています。

まずは、美味しいお蕎麦。

古民家を移築したお店です。

そば屋 長森 -

そば屋 長森 -


行列ができるお店だそうですが、天候のせいかあまり並ばずに入れました。

美味しいお蕎麦でした。

麺つゆが2種類(濃い、うすいだったかな?)用意されましたが、私の口には2種類併せてブレンドの麺つゆが美味しかったです。

 

それから雪室見学ツアーをしました。

写真すべてお借りしました。

 

昔ながらの豪雪地帯ならではの知恵ですね。

館内真夏でも5度以下です。

 

ささやかなひまわり畑をみて。

 



新幹線の浦佐駅まで送ってもらい帰ってきました。

 

次回は会計報告です。

つらつら書いていたら、長くなってしまいました。

3年ぶりの長岡大花火大会へ行ってきました。

2年休止だった花火大会。

今年は開催するから、また来てね、と嬉しいお誘いが来ました。

でも、7月に入ってからの感染急拡大で、一時期開催が危ぶまれましたが、無事に開催されまたまた行ってきました。

前回の記事です。

こういう時にブログの記録はとても助かりますね。

 

www.mamomi1.com

 

www.mamomi1.com

 

www.mamomi1.com

 

前回は3人の友達と一緒でしたが、一人の友達は都合悪く行かれず。

もう一人の友達はご主人も見たいということで夫婦で参加。

花火は一緒に見るけれども、夫婦で友達宅に泊まるのはご主人が気兼ねなのでホテルをとるということに。

私もご主人とご一緒に、と誘われましたが、夫は興味なし。

ならばと長女が有給を取っても見に行きたいということで、長女と二人で友達宅にお世話になることにしました。

 

今回は駅ネットで新幹線の指定席を無事にゲットしました。

長岡駅で友達夫婦と合流すれば、もう何の心配もありません。

と、準備万端で心待ちにしていました。

 

ところが!! 前々日にボランティア仲間とランチしたのですが、その日の夜にその一人がコロナの濃厚接触者になったとメールが来ました。

もうびっくりしました。

濃厚接触者(孫が感染した)の知人は発症?しなければ5日間の自宅待機だそうです。

発症したら、私も濃厚接触者になってしまいます。

 

旅行に行っていいものか、どうしたらいいのか、オロオロしました。

 

同じくランチをした仲間が、翌日に発熱外来に電話で問い合わせをしてくれました。

濃厚接触者に接した人は特に行動制限はないそうです。

 

慌てて、抗原検査キットを買いに行きました。

運よく大きなドラッグストアで購入できました。

それが前日。

その日1日は知人から体調変化の連絡が来るかどうか、ドキドキで過ごしました。

出発日朝。

今だ、知人から連絡なし。抗原検査キットをどきどきしながら使い、検査をしました。

待ち時間の15分が長い事。

陰性でした。ホッとしました。

 

これで、少し安心して新幹線に乗れました。

 

結果、濃厚接触者の知人は5日経過しても発症せず、でした。

 

ただ、他の同席した友達も準備していた用事ができない可能性がでて、他の人に変わってもらうかも、の事態に。

すると、代理を依頼すると人にも影響がでる。とことに。

 

やはり、コロナの影響は大きいですね。

 

濃厚接触者になった場合は、5日間を待たずにすぐに抗原検査などして、状況を把握することが大切だと思いました。

それが、濃厚接触者になってから接した人へのマナー?エチケット?だと思いました。

 

今回は、時間の経過を待つだけだったので、なんだかな~と思った仲間もいたようです。

検査キットもなかなか購入できないから仕方ないのでしょうが、準備も大切ですね。

こんなご時世。

 

と出発までが長くなりました。

続きは次回に分けます。

 

2022年7月の家計簿集計

ブログ更新が滞っていました。

8月になって2回旅行をしました。1泊づつ。

この旅行が予定通りとはいかなくて、調整が大変だったのです。

コロナと大雨が理由で。

 

今日は台風の影響で猛暑が収まっていると東京。

人心地がついています。

やっと、2022年7月の家計簿集計です。

 

総支出は406447円でした。

ちなみに年金生活の我が家では7月の収入は19000円です。

夫のマイナポイント15000円とクレジットカードの4000円分のポイントのみ。

 

私のマイナポイント15000円は、簿外の扱いにしました(笑)。

 

www.mamomi1.com

ささやかなご褒美のつもりです。

 

 

さて、またまた食費が8万円を超えています。

やはり暑さのせいでしょうかね。

スーパーや成城石井などでお惣菜をチョコチョコ買ったせいだと思います。

外食は、夏休みになった次女と買い物に出た際とかのもの。

ランチとかお茶ですね。

 

水道・光熱費

水道代がない月です。でも、電気ガスは確実に上昇しています。

使用料は昨年とは変わらないのに。。

 

総計187083円でした。

 

食費 合計   95,968円   23.64%
食費    82,332円   20.28%
外食   13,636円   3.36%
日用品   11,346円   2.79%
新聞・雑誌          1,100円   0.27%
携帯電話   22,986円   5.66%
放送視聴料          2,530円   0.62%
情報サービス    500円   0.11%
水道・光熱費 合計   19,093円   4.70%
保険 合計   14,905円   3.67%
管理費・積立金   18,610円   4.58%
小  計       187,083円  
趣味・娯楽 合計       100,289円   24.70%
家具・家電                 0円   0.00%
寝具      0円   0.00%
衣服・美容 合計   28,304円   6.97%
健康・医療 合計   18,482円   4.55%
交際費    2,354円   0.58%
自動車 合計      0円   0.00%
交通費     6,000円   1.48%
旅行   52,860円   13.02%
税・社会保障 合計     0円    0.00%
コンピュータ関連    120円   0.03%
留学費用     0円   0.00%
NHK受信料     0円   0.00%
仕送り     0円   0.00%
浄水器カートリッジ     0円   0.00%
その他 合計   11,000円   2.71%
小        計   219,409円  
     

 

特別費。

税金・社会保障費の支払いがないのでだいぶ落ち着いています。

 

趣味・娯楽

夫婦のお小遣いとゴルフ関連です。

ゴルフ関連には、カーシェアリングや高速料金、ガソリン代など含めています。

今の私たち夫婦の潤いの費用ですからね。今は年間予算の範囲で支出しているので、倹約・節約の対象にはしていません。

 

旅行。

久々の旅行費用の発生です。

8月に行った長岡大花火大会の新幹線チケット、18620円。

2回目に予定していた東北旅行の新幹線チケットなど、19680円。

2回目の旅行は東北地方の大雨のためキャンセルをしました。

この19680円はすべて返金されます。

 

衣服・美容。

2回目の旅行用にトレッキングシューズを買いました。1万円。

ワークマン女子で780円の速乾性のTシャツをかいました。

美容院に行きました。12000円。

 

健康・医療。

夫の歯医者と眼科。私の歯医者。

これだけなんですけどね。ちりも積もりました。

私は歯並びが悪いので、歯医者通いは慣れたものです。健康に過ごすためには必要経費ですね。

 

旅行費の2万円弱の返金を考えると、特別費の費目合計は20万円を切りました。

これは上出来ですね。

 

以上大人4人家族の7月の家計簿の振り返りでした。

 

娘たちからは生活費を5万円づつもらっています。

厳密には収入になりますが、今は各々の口座に入金しています。

生前贈与の気分ですね。