中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

今年は支出のペースが遅いようです。

3年前から、マネーフォワードを利用しています。

 

家計簿ソフトのマネーフォワードは、日々の家計簿管理はもちろん、我が家の老後貯蓄管理の面でも、大きな力を発揮しています。

 

夫のへそくり口座以外の金融口座を、マネーフォワードに登録しました。

数えたら、30以上の口座がありました。

これには、銀行口座はもちろん、証券会社、クレジットカードなどが含まれます。

それらの口座に出入金があると、翌営業日くらいに、マネーフォワードに反映されます。

 

クレジットカードを利用した時は、

家計簿管理としては、使った当日の日付で反映されます。

 

資産管理としては、毎月決まった日にちに銀行口座から引き落とされます。

 

なので、厳密にはタイムラグが発生するけど、これは、無視しています。

 

で、2019年になって、嬉しいことに、我が家の老後貯蓄の減り方が、鈍いんです。

 

2018年の3月末では、既に40万円以上の取崩しでした。

 

2019年の3月末では、10万円以下なんです。

 

これは、驚きの発見でした。

 

要因としては、確定申告の還付金10万円程が3月の入金だったこと。

昨年は4月に12万円入金でした。

その差を差し引いても、20万円弱、あります。

 

還付金を除けば、昨年と収入はほぼ同じでした。

 

20万円弱は、支出の差になります。

振り返ると、昨年1月に冷蔵庫を買い換えました。

 

この冷蔵庫の金額が、どうやら犯人のようです。

その金額分の支出が、昨年は増えていたんですね。

 

調べ見ると、年間で管理している費目の支出が、今年はまだ発生していない、ってことですかね。

 

喜んだのは、早ガッテンだったかも。