中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

次女が頑張る!

週末、アメリカ住んでいる次女宛に、長い筒が送られてきました。

 

あー、お気に入りのスターの特大ポスターかなー?と、思いました。

懸賞で当たったとか??

 

細かいローマ字の送り主を、長女に読んでもらうと、次女が在学しているアメリカの大学からでした。

 

 

 

f:id:monimoni1:20190210182656j:plain

 

次女にLINEで聞いてみると、ディプロマだから、開けてみて、と。

 

は? 何よ、ディプロマって??

 

賞状だよ!

 

 

筒から出してみると、なんともりっぱな大きな賞状でした。

 

 

f:id:monimoni1:20190210210909j:plain

 

丸まっていたので、二人がかりで広げて写真を撮り、次女に送りました。

 

私    何の賞状なの?

 

次女    去年大きな試験に合格して、修士号がもらえた。その賞状だよ。

 

私   エッ、日本の大学でも修士号取ったよね。2つ目なの?

 

次女    そうだよ。アメリカの大学の修士卒になったんだよ。

 

私       でも、日本で修士号を取った大学の方が、誰でも知っているし、通りがいいのに〜

 

次女     最近、良い話題のない大学だから、アメリカの大学の修士卒のほうがかっこいいんだよ。

 

日本とアメリカの大学で修士号2つを取得した次女。

 

今まさに大学受験シーズン。

受験生も、それを見守る保護者の方も、緊張の毎日でしょうね。

でも、大学受験も通過点。無事に通り過ぎますように。

 

アメリカに留学に行くほどだから、よほど賢いお子さん??と思われるでしょうが、幼稚園年長くらいで始めた公文は、学年を一つ上をいく程度。

賢い子供は、幼稚園で小学校高学年レベルまで進みますから。

小学校の成績も並の上程度。

次女の幼い頃を知っているママは、たいていびっくりします。

大学院にまで進んだなんて。

 

 

9月に初めてアメリカに住む次女を訪ねました。

安い アパートに住み(床が斜め、ビー玉が転がります)、エアコンも古くてうるさく、

食事も自分ですべて用意して、生活していました。

ご飯党の次女は、炊飯器を買い、お米を買っています。

ランチもおにぎり・サラダを持参だそうです。

 

私から見たら、日本と違い、厳しい環境で研究を頑張って取得したこのディプロマ。

大きさ以上に価値のあるものでした。

 

今は、ドクターコース(博士号)論文制作のために、生活拠点を離れて、北部の寒い寒い都市に長期滞在して研究活動をしています。

 

まだまだ、親のすねをかじりますが、もう少し、甘い親でいます。