中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

コロナワクチン接種のご案内がきました。

コロナワクチン接種のご案内の区報が、郵便受けに入っていました。

いつもの区報は、郵便受けには入っていませんから、ワクチン特集号は、特別なんでしょうね。

f:id:monimoni1:20210329080319p:plain


接種の順番はこれまでの報道通りで高齢者から。

高齢者も2段階で、まず75歳以上。

そして65歳以上。夫は、このカテゴリーでした。

接種開始日は、5月中旬以降の予定。

 

2番目は、基礎疾患を有する者。

基礎疾患は、指定があります。

 

3番目は、高齢者施設等の従事者。

 

4番目は、60〜64歳の者。

私は、ここです。

 

5番目、最後がこれ以外の者。

若い人たちですね。

 

2番目以降は、接種券送付は5月下旬以降の予定で、接種開始時期はもちろん未定。

 

驚いたのは、国が発表している東京都へのワクチン供給量です。

4月25日までに、2万2千人分ですって。

東京都の人口は、1300万人ですよ。

私の住んでいる区には約1千人分の割り当て。

 

はぁーー?って、脱力ですよ。

1番目の区内高齢者者人口は、約14万人もいるのに。

いつになったら、ワクチンが行き届くようになるやら。。。

 

アメリカの住む次女は、1回目の接種は、終わりました。

年齢的に順番はまだでしたが、キャンセル待ちを入れていたら、連絡があって受けられたとか。

お友達からキャンセル待ちがあることを聞いて、やってみたそう。

接種希望の若い人は、この方法で受けているそうです。

 

次女の周囲では、2回目の接種では、半数近くの人が発熱すると言われてます。

1回目の接種でも、当日の夜は注射した左腕を下にして寝ると痛かったし、2日ぐらい左腕がだるかった、と言ってました。

 

何らかの副反応は覚悟しなければいけませんね。

 

そういえば、娘たちが小学生の頃に駐在していたヨーロッパの国では、予防注射は両腕に2種類いっぺんに打ちました。予防注射を打った夜は発熱も当たり前、そんな常識でした。

日本の常識はとは大きく違い、驚きました。