中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

オミクロン株じわりじわり

東京都の感染者数は、1万人超えが当たり前になっています。

感染者数が少ない地域の人からすると、都内は恐ろしくて出歩けない場所でしょうか。

 

数だけみると今までの記録を超えていますが、普段の生活は何の変化もありません。

さすがに遠出のお出かけは復活しませんが、日常の外出は感染者が大きく減った秋と、何も変わりません。

ボランティア活動も、習い事もお休みにはなっていません。

友達と会う時は、ファミレスなどのお店も利用するし、デパートにもでかけます。

 

とはいっても、感染力の強いオミクロン株はジワリと身近に来ていると感じます。

ボランティア仲間の兄弟(60代、別に暮らしている)が罹り入院した(症状ほとんどない)。

ママ友の孫が幼稚園で濃厚接触者になり、PCR検査を受けた(陰性)。

など、聞きます。

私の住んでいる区も小中学校が、大変なようです。

 

 

コロナイラスト/無料イラストなら「イラストAC」

 

私たち夫婦にも、3回目のワクチン接種券が届いています。

高齢者の実母は、1月末に接種完了しました。

夫は今週、区の集団接種会場で受けます。

私は、前回接種したクリニックで中旬に予約しました。

 

昨年3月末にアメリカで2回目の接種を終えている次女が、ちと気をもみました。

3回目の接種券は2回のワクチンを日本で接種した人に送られてきます。

それに該当しない次女はどうなるのかしら?

まだ手付かずの1・2回目の接種券が残っているからそれで受ける?

でも、3回目のワクチン量は半分ともいうし。。。

 

保健所に確認したところ、個別対応をしてくれました。

アメリカで受けたワクチンの日にち、場所はもちろん、ロット番号などをも細かく聞かれて、既に10ヵ月以上経つので、すぐに接種券が送付されました。

夫と同じく区の集団接種会場での予約が来週にとれ、本人も安心していました。

 

この冬には、インフルエンザが流行する、ってニュースでしたけど、2年連続インフルエンザの気配はないですね。

 

春のスギ花粉は毎年忘れずにやってくるのに。。。