中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

夫65歳からの年金受給額予想!

ここ数日年金受給年齢を70歳にするとかがニュースになっています。

なんてことでしょう。企業が定年延長や再雇用の仕組みを作っているとはいえ、まだまだ庶民の暮らしレベルでは対応できていませんよ。ちょっと前までは60歳定年退職で、60歳から年金が支給されました。じわじわ年齢が引き上げられ、今は65歳からの支給です。

一方働き方をみると、大企業では、55歳で役職定年で給与が下がるケースが多いです。60歳定年再雇用では、さらにさらに下がります。会社の制度上仕方ないのかもしれませんが、年金受給年齢が遠ざかってしまうと、その間どうやって満足な収入を得て、生活しろというのでしょうか?

すべて自己責任で自分で用意しておけ、ということですよね(怒!)子供達世代が、貯蓄に関心が向くのも当然ですよ。私達の若い頃は老後なんて言葉、存在しませんでしたから、かわいそうになります。 

 

夫の60歳定年時に色々勉強してわかった年金制度。テレビ番組などで、知識があったつもりでしたが、その知識は点でしかなく、流れそのものをわかっていませんでした。

その時に知った   特別支給老齢厚生年金 昭和31生まれの夫は、62歳からの支給です。33年生まれの私は61歳からの支給です(私は年額2万円ほどの予定)。

この制度も年々年齢が引き上げられ、昭和36年4月生まれ以降の男性から、この制度での支給がなくなります。これは、繰り上げや繰り下げ支給の対象外です。該当年齢になったら必ず手続きしましょう。

夫の現在の給与で年間130万円の支給です。給与が多い人ほど、満額支給からカットされる不思議な制度です。年金は現役時代に納めた金額水準に応じてもらえるものですよね。なのに、現在の収入+年金金額が一定の水準を超えると満額支払いませんって、失礼な話だと思いました。夫はカットされている30万円ほどを悔しがります。

特別老齢厚生年金の手続きに行ったときに、65歳から支給予定の年金額を示してくれました。

このまま65歳まで働いて厚生年金を払っていれば、約240万円ほどでした(夫は「65歳までは働かないから、こんなにもらえないよ」って言っていますが)。企業年金が150万円ほどだから390万円になります。

2年後私が65歳で70万円が支給され、合計460万になります。

これだけ見ればありがたい金額ですが、ここから社会保障費や税金が引かれるんですよね。サラリーマン時代は手取り額が可処分所得でしたが、年金では、違います。色々な計算式があって、我が家の場合、いくら引かれるのかイマイチ理解できないのですが、多めに見積もって2割とすると、給与でいう手取り額は約368万円になっちゃうんですね。これでも中流奥様なんでしょうかね?ふぅ~、厳しい現実です。

私が甘ちゃんだからいけないんでしょうね。今の若い人はこの年収でやっている人も多くいるのですから。

 

これから5年後にはこの金額で生活できるように意識していかなければ・・・。