中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

我が家の所得~2019年分確定申告にあたり

 今年も確定申告のシーズンです。

夫が定年退職してから、毎年確定申告をしています。

 

 昨年は2つの記事にまとまています。

 

www.mamomi1.com

 

 

www.mamomi1.com

 

確定申告するにあたって、源泉徴収票が我が家に届いています。

それをよくよく見てみました。

家計の年間予算を考えるのは、手取り額がベースです。

マネーフォワードにも、手取り額のみ反映されています。

 

国民の義務、納税は支給額がベースとなり計算されています。

そこで、源泉徴収票に記載されている支給額を見ました。

 

特別支給の老齢厚生年金 1676282円

給与支給額       1793438円

企業年金        2459820円

合計          5959540円

 

驚きの600万円近い収入でした。

 

でもね、マネーフォワードでの手取り額は、

特別支給の老齢厚生年金 1676282円

給与          1091959円

企業年金        2271462円

合計          5039703円



厚生年金は、源泉徴収がなく、丸々もらっています。

 

給与。支給と手取り額の差が▲701479円です。

でも、給与からは税金や社会保険料に加えて、

社内株購入と生命保険料の引き落としが、毎月23000円程です。

それらを除くと、▲425479円

 

企業年金の差額は▲188358円 所得税が発生しています。

 

合計▲613837円が、税金、厚生年金、健康保険料などなんでしょうね。

で、この金額は払い過ぎでしょう、と、確定申告をするわけです。

 

収入と手取り額の違いに驚きます。

約9割になるんですね。

現役引退後でもこんなにあるのだから、現役サラリーマンはよく手取り額は収入の8割ともいいますが、ますます驚きます。

 

昨年は10万円程の還付金がありました。

さて、今年はいかほどの還付金があるでしょうか??

 

夫がそろそろ書類を作成します。楽しみにしたいと思います。