中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

発表! 2019年の総収入

25日の給与が振り込まれたので、今年の総収入額が確定しました。

 

 1年前も同じような記事をアップしていますね。

www.mamomi1.com

 

昨年、一昨年より、約40万円増えていました!

 

データ更新ということで、定年退職後の収入の変遷を円グラフにしました。

 

 

2019年     5444059円

f:id:monimoni1:20191226224014p:plain

 

 

2018年     4947244円

f:id:monimoni1:20191226224224p:plain

 

2017年   4970320円

f:id:monimoni1:20191226224252p:plain

 

 

詳細を見ていくと、

 

青 年金  72% ⇦ 65% ⇦ 46%

赤 給与  20% ⇦ 26% ⇦ 38%

緑 その他入金  6% ⇦  7% ⇦ 13%

紫 一時所得  1% ⇦  3% ⇦  4%

 

 

青の年金の割合が年々増えています。

赤の給与の割合が減ってきています

 

緑のその他入金紫の一時所得があるんですが、その明細の仕分けが毎年、曖昧いなんです。

 

その他入金には、税務署からの還付金、クレジットカードのポイント還元を支払いに充当する金額、わずかばかりの利息、などです。

還付金は10万円ほど。

ポイント還元は47000円でした。

 

 

今年はに限って言えば、一時所得は、医療保険の給付金のみです。

50000円。

 

来年からは、年金と給与以外はすべて一時所得に統一します。決めました。

 

我が家の年金は、2種類です。

特別支給の老齢厚生年金と、退職金を年金でもらっている企業年金。

 

ちなみに私が今年から貰っている年金は、今は家計には、組み込んでいませんよ、ヘヘヘッ。

 

企業年金は、2017年から変わらず年額220万円ほど。

 

増えているのは、厚生年金。

2017年              0円

2018年      90万円ほど

2019年  167万円ほど

 

今年は、満額の特別支給の老齢厚生年金を貰っています。支給停止額なし。

裏を返せば、それだけ給与が少ない、ということです。

 

給与が高ければ、厚生年金は満額もらえません⇦変なシステムと思ってます。

 

夫の会社の再雇用の給与体系は、週3日の勤務を選ぶと、特別支給の老齢厚生年金が満額もらえるようになります。

その結果、昨年より総収入金額が増えたのだから、結果オーライなのかしら?

 

給与は年々減っています。

2017年   190万円

2018年   130万円 

2019年   110万円  

 

全て、マネーフォワード上の手取り金額です。

 

増加分は特別支給の老齢厚生年金なんでしょうね。

年金ってありがたい、とつくづく思います。

 

年末までが1年間で一番出費が増える時期。

2019年の総支出は1月半ばに判明します。

また、報告します。