中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

住民税の決定通知が届きました。

私が住んでいる地域では、正確な名称は

「給与所得等に係る特別区民税・都民税 特別徴収税額の決定通知書」  です。

 

昨年度の収入に対しての支払うべき住民税のお知らせ、ですね。

 

6月は15600円。

7月以降は14900円、となっていました。

 

夫の給与から天引きされます。

 

どうやら、この金額は、給与だけでなく、年金も合わせた収入から計算された金額のようです。

我が家は、2月に確定申告をしています。

その時に、企業年金と、特別支給の老齢厚生年金を雑収入として申告しています。

それらを合計して総所得金額になり、課税されているんですね。

 

夫の現在の給与水準、支給額13~5万円からしたら、10%ほどの高い割合になりますから。

 

はて?? 確定申告をせずに年金収入の金額を申告しなければ、給与の金額で課税されて、住民税は、安くなるのかしら??

 

それとも、どこか内部でリンクしていて、確定申告の有無にかかわらず、通知書のように年金も合計した総所得になるのかしら??

 

勉強不足で、こんな疑問がわいてきましたよ。

 

平成29年度の住民税は、6月の5000円だけで7月からは0円でした。

前年の日本での所得が低かったからです。

 

平成30年度は11000円。

 

そして今回平成31年度は14900円です。

あっ、令和元年ではなく、平成31年なんですね。

 

住民税の金額が増えているってことは、収入も増えているんでしょう。

昨春から、夫が特別支給の老齢厚生年金を受け取り始めましたからね。

 

納税は国民の義務、と学生時代に教わりました。

わかっちゃいるけど、そう、わかっているんです。

でも、、、。

 

ほんと、無駄に使われないよう、目を光らせないといけないですね。