中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

今年は化粧をします!!

根がずぼらだから、スーパーの買い物程度の外出だけの日は、きちんと化粧はしません。

コロナ禍になって、パートの仕事に行くことも、不要不急の外出もなくなって、しかもマスク。

ますますメーキャップとは縁遠くなっていきました。

眉さえ描きたせば、OKのこの1年でした。

 

でも、今回の緊急事態宣言を機に、ボランティア活動がリモートになりました。

1回目の緊急事態宣言の時は、全休止でしたから、定期的なリモートは、初めてです。

 

リモートだと、マスクをしないから、まず口紅が必要です。

口紅なんて、何ヵ月ぶりでしょう。

マスクに口紅がつくのがイヤで、ずーとしていませんでした。

 

初回、口紅と眉毛くらいで、ZOOMのリモートに参加しました。

 

化粧をしない日々だったので、画面に映る自分の顔を久々に眺めました。

そして、びっくりしました!

他の仲間の顔がなんと色白なこと。

私だけが、顔色が黒い?くらい?

自分の顔は、洗顔の時に鏡でチラ見しますが、他の人との比較はありません。

なので、私の顔色がそんなに黒い、とは思っていませんでした。

 

確かに、肌のきめは色白とは程遠いです。

分類すれば、色黒です。でも、こんなにも黒かったとは、ショックでした。

 

次女は、コスメ、美容系が大好きです。

わずかな冬の外出でも、日焼け止めは必須、といいます。

アメリカからの一時帰国にも、口紅類だけでも4本、アイシャドーの大きなパレットも2つ、単品もいくつか、持って帰ってきました。

 

f:id:monimoni1:20210126145539p:plain

参考 アイシャドーのパレット。画像お借りしました。

 

私といえば、あれ、口紅がない! どこかのバックに入れっぱなしかしら、見つからない という状態。

思わず、次女の口紅を借りました。

 

まず、色白に見える化粧下地から、キチンを塗って。

ファンデーションも塗って。

口紅をはっきり入れると、目元もなんか色味が欲しくなって、アイシャドーも。

ついでに、久々にビューラーでまつ毛を持ち上げ、マスカラまでしました。

 

資生堂公式】資生堂 ミニアイラッシュカーラー 215の商品情報・コスメの通販 | ワタシプラス

 

簡単🔰1分】ビューラーでまつ毛をくるっと綺麗にあげる方法👀💕 - YouTube

画像お借りしました。

 

 

すると、何ということでしょう。

顔のパーツがはっきりしてきました。

今、人気のドラマ その女、ジルバ | 東海テレビのセリフではないけど、女は化粧してなんぼ、でした。

 

うん、なんか背筋が伸びる感じがします。

 

ホームステイの日々で外出も人と会う機会もは減っているからこそ、時には力を入れて化粧をするのも、いいもんですね。

楽しいです。

 

化粧をするなんて、お洒落さんには当たり前なことでも、ずぼらな私には、大きな進歩です。

毎日、と行きたいところですが、無理せずに、行きます。

鏡に映る現実の自分を、見て今の私をしっかり受け入れないとね。