中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

義妹との関係

昨日のアクセス数が、いつもの10倍以上で、1万3千こえ。

びっくりしています。


何が起こったのでしょうか?


どこかで、目立ったのかしら?


こんな経験初めてなので戸惑いました。


さて、タイトルの義妹との関係。


今は、良好だと思います。


義父母が元気だった頃は、あまり深く付き合うこともありませんでした。

義父母を介して、って感じ。


もちろん、義実家に帰省した時は、普通でしたよ。

義妹は、仕事が忙しく家でゆっくりすることなどなかったから、接する時間もなかったからかな。


3人の子供のいるシングルマザーの義妹。看護師でバリバリ仕事していました。


かたや、パート主婦だった私。


共通の話題を見つけるのも苦労していました。


一人で子育てして、大変ね〜など、口が裂けても言えませんでした。


でも、今はその関係にも慣れ、余計なことは聞かない、話さない、を貫き、良好な関係です。


義父母のあらやこれやは、いっさい口出ししません。全て夫に任せています。


子供同士も年齢が近かったので、入学祝いなどのやりとりは、しませんでした。

これはとても気楽でした。


とても頭のいい義妹なので、生活費も稼いだことのない兄嫁の私を、妬むことも、下に見ることもなく、普通に接してくれます。


もう一つ義妹の偉いところは、子供達と父親の関係を保っていたことです。

子供達は、長い休みになると、福岡の父親とその祖母の家に滞在していました。

子供達が高校を卒業すると、福岡に出て行き父親の家に住んでいました。

甥っ子は、まだ父親の家から仕事に通っています。


姪っ子の結婚式では、久しぶりに元旦那さんに会いました。

義妹と、並んでいました。


変な感じがしました。


あれ、話がそれてきました。


今回の滞在でも、義妹が寝具や、食事の用意を全てしてくれました。


私は、洗い物だけ。


義母が居なくても、とても居心地良く過ごせました。


本当にありがたいことですね。