中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

義母のこと~要介護5

とても元気でした。

 

9人定員のグループホームにお世話になっています。

グループホームは個室です。

 

赤ちゃん度(認知症の症状)は、進行していました。

 

今回は、息子の夫のことも回線が繋がらなかった様子。

白内障も手術できないほど進んでいるので、視力もほとんどありません。

去年は一人で食事ができていましたが、今年は食事は100%介助が必要でした。

 

聴力も衰えていますから、耳元で大きな声で話しかけます。

自力歩行は出来ません。おむつもしています。

車椅子のまま、昼間は皆さんがいるリビングに居ます。

 

こう書き並べると、かなり深刻な状態ですが、ここ数年、風邪も引かず熱も出さず、食事も介助付きながら完食するので、スタッフさんは

「お母さんはとても元気ですよ!」

と言ってくれます。

 

以前お世話になっていたグループホームが建替える、ということで、春に他の定員が多い施設に移りました。

ここでは、手がかからない母は、ベッドにいる時間がグループホームよりかなり長かったようで(ほっとかれる)、義妹は心配になりました。

義妹は看護師でしたが、ケアマネージャーや管理者の資格をとり、今では介護の仕事です。

プロの目から見ていい状況ではないと判断し、再び他のグループホームに転所しました。

ここでは、以前のホームで一緒だったスタッフさんも移っていて、馴染み易かったようです。

 

1日目の義母は、ちょっと不機嫌でした。

スタッフさんによると、機嫌の良し悪しは日によってあるそうです。

 

2日目は、機嫌が良かったです。独り言がずいぶんでていました。会話につなげようと、それでどうしたの?? と合いの手をいれると、途切れましたが。。

手土産のプリンを完食しました。

食べさせるのは、夫が中心です。ただ、一方的に声がけしてるより、少しお世話の真似事でもすると、夫にもいいかな、と思います。

 

右手で夫、左手で私の手を、握って離さない義母でした。

誰の手を握っているのかは、わかっていないと思いますが。

赤ちゃんの手を取ってあやしていたのか、私があやされていたのか、わかりませんが、思いのほか握力が強かったです。

 

久々に笑顔が見られたと、義妹も喜んでいました。

 

費用は当然グループホームのほうが高いですが、洗濯物の持ち帰りもないので義妹にとっては、安心だし楽なようです。

 

義母は、スタッフさんの手を借りながら、穏やかに暮らしていました。

 

義妹と、今の義母の年金額だから、グループホームに入れるけど、私達は入れないよね~~、と話しました。

2000万円の老後貯蓄が必要、っていうけど、生活費の不足分相応で、介護費用の不足分は別途必要よね~~。と。

 

いずれは、わが身です。色々と考えてしまいました。