中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

5月の収入

奇数月の収入は、夫の給与のみです。

 

夫は再雇用で週に3日、時給で働いています。

5月の給与は10連休の影響でしょうか? 少なかったですね。

 

82000円。

 

でも、これは手取り額です。

税金などの社会保障費、生命保険料、持株会の積み立てを控除した後の金額です。

 

控除金額は54000円ほどです。  額面で136000円。。

 

わかっちゃいるけど、厳しい金額です。

 

世の中は、長く働きなさい、っていうけれど、そうはうまくいかないようです。

 

夫の会社も、60歳定年で再雇用65歳まで、となっていますが、再雇用の労働条件も、以前より悪くなっています。定年退職者で希望する人すべてを、再雇用で受け入れるには限界があるようです。

 

それでも、夫の世代は61歳から特別支給の老齢厚生年金が受給できるから、まだありがたいです。

 

世代間格差はこれからますます大きくなるんでしょうか。

 

最近、金融庁が発表した老後に2000万円の貯蓄が必要という、ニュース。

色々考えさせらます。

 

ちょうど生命保険の掛け金が大幅アップするときに、ファイナンシャルプランナーに相談しました。

メインはこれからの生命保険についてでしたが、老後のこともまで視野に入れたので、その時ざっくりと、老後貯蓄は3000万円あれば安心と言われました。

夫が46歳の時ですから17年前の話です。

 

だから、いまさら2000万円とうのも、当然じゃない、という思いもあります。

17年前ですから、現在と諸条件は変わりましたからね。

この時のいきさつもいずれ記事にしたいと思います。

 

老後にいくら必要か??なんて、不確定要素が多すぎて、よくわかりません。

まず、何歳まで生きるのか? 100歳リスクとか言いますが、明日、急に事故に合うことだってあります。これは、「へりくつ」かしら??

 

どんな生活がしたいか、なんてよく言いますが、半分年金生活になって思うことは、入ってくる収入で楽しく幸せに暮らすか、が大切だと思うようになりました。

 

どんな生活がしたいか、は、イメージとしては持てます。旅行は年に何回行くか?毎月外食は何回する?化粧品や洋服も毎月購入する、などとね。

 

でも、しょせんは絵に描いた餅、というか、結局は入ってくる収入に合わせた生活になるんです。

 

毎年100万近くかけて海外の秘境に旅行する友達もいます。

お洋服やが可愛い雑貨が大好きなお友達もいます。

 

人それぞれ、比べたらキリがありませんから、自分の中で落としどころを決めるのが大切です。

 

今月は偶数月だから、年金が入ってきます。5月6月の収入を合わせて、我が家の一区切りです。

この2か月で収支を見ていくので、5月の収入が少ないのは、どーってことないんです。

でも、多いに越したことはないんですけどね~~。