中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

老後の生涯収入・支出を考えてみました。

 家計診断の記事を読むのが好きです。毎月の収支や、年間の収支で家計を管理・改善の提案をしていく記事もありますが、年金生活になると、想定寿命を設定し、生涯分の収入、支出の総額を考える方法があることを知り、驚きました。

 そこで我が家の場合を試算してみます。ちょっと長生きコースで90歳まで二人で生きます。夫が亡くなったら遺族年金になりますが、細かい点には目をつむりますよ。

 まず、二人が65~90歳までの収入。

夫 厚生年金・企業年金 390万✖25年 9750万円

私 国民年金       70万✖25年 1750万円

夫が65歳までの収入       約1000万円

収入合計        1億2500万円

 

支出(生活費相当)で

62〜65歳        600万円✖️3     1800万円

65〜74歳        500万円✖️10         5000万円

75〜90歳         450万円✖️15          6750万円

支出合計         1億3550万円

 

ここまでで、1億3550万円-1億2500万円=1050万円 が不足になります。健康に普通に暮らすにはこの額の老後資金はOKです。何としてもこの範囲で生活していきましょう!

 

次は特別費。

旅行費は生活費に含めて考えていますから、リフォーム費用や娘達の結婚、介護費用などをどれくらい考えるかなんですよね。

リフォーム 300万円

結婚費用は    400万円  (2人分で)

介護費用は よくわかりません。仮に施設に入るにしても、豪華版から、庶民版まで多種多用あります。自宅で介護保険を利用するにしても、介護認定度で費用負担は違ってくるし、調べてもこんがらがってしまいました。

義父も父も介護する期間なく病院で亡くなりました。入院費用のみで介護費用は0円でした。

義母は認知症が進み、介護施設に入居していますが、費用は義母の年金の範囲内です。なので、身近な例で介護の費用負担が発生していないので、介護費用と一口でいっても、さっぱり見当がつきません。

介護が必要になったら、要は私達の貯蓄高に見合った施設にお世話になることですよね。なので何もわからないけど、とりあえず二人で1000万円

この額で大丈夫かしら?これは標準なの?少ないの?不安がありますが、ただ、娘達にお金の面で絶対に負担はかけたくないです。その分は十分に用意しておきたいですね。

すると特別費は、1700万円が最低ラインですかね。

1050万円+1700万円= 2750万円

が老後貯蓄として必要です。

できれば、娘達に少しは残したいですから、上を見ればキリがなくなります。

 

こうやって数字を並べてみると、大局がつかめていいですね。

老後貯金として2750万円は必須とすると、我が家はかろうじてセーフです。

あとは、生活費相当分が予算範囲内に毎年おさまるかが、重要になってきますね。

ここで毎年わずかでも支出が多くなってしまうと、最後の最後に帳尻が合わなくなってしまいます。

うーん、大局が見えてきても、結局は日々のお金の使い方が重要になってきますね。

家計管理は奥が深い、そう感じた試算結果です。