中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

春がくるというのに。。。

しばらく更新があいてしましました。

 

月曜日から、4週間、いつもの会社で短期のスタッフとして仕事をしています。

9:30~16:30 時給1000円と少し。

1日で6000円ほど。交通費別。

 

何度か働いたことがあるおなじみの部署です。

いつも、短期のスタッフが多くいるのですが、なぜか今回は私一人です。

一人はさみしくもあり、気楽でもあります。

 

帰宅後、夕飯を作ったり、バタバタする時間。

一息つくと、最近はよくニュースを見てしまします。

コロナウィルス関連のニュースは、日々更新されていきますから。

 

こんな人口過密な東京に住んでいると、他人事ではありません。

1メートル以上他の人と離れて接するなど、無理無理。

 通勤のラッシュアワーを過ぎてるとはいえ、地下鉄はまだまだ混んでいます。

当然、肩ぐらいは触れ合います。

本当の大混雑は、おしくらまんじゅうで、自分の足が床につきませんから。

 

今は、マスクは必須。手すりやつり革は、手袋をして握るようにしています。

 

感染は、見る見るうちに状況が変わってきています。

今日、土曜日に開催予定の区の主催のイベントも中止になりました。

このイベントには、運営のボランティアをする予定でした。

直前になっての中止の連絡でした。

どこもかしこも、バタバタとしているのでしょうね。

 

85歳になる実母など、最警戒態勢です。

母自身から近所の中華屋さんに夕飯を食べに行こう、と、誘っておきながら、やはり直前になって、中止にしよう、と。

お友達と予定していたバスツアーも延期、と。

 

何もそこまで神経質にならなくても、と、電話を受けた時は思いました。

でも、母の気持ちがそれで落ち着くならそれが一番、と、電話を切りました。

 

でも、ここ2日ほどのニュースをみると、母がここまで心配になるのは、致し方ないと思います。

80歳以上の重症化率は、かなり高いですからね。

大きな持病はないものの、血液サラサラの薬は飲んでいますから、基礎疾患あり、に分類されるでしょう。

 

感染経路が追えない市中感染が起きても不思議でない東京です。

その割には、東京以外で子供の感染がわかったり。

やはり、検査体制が十分でないから、発症が確認できずに、カウントされないから、鳴りを潜めているのかしら?? と、夫と話しています。

 

一番怖いことは、医療機関の機能がストップすること。

本当に重症化した人をケアすることが、できなくなりますから。

なので、お医者さんや看護師さんの感染には、不安を覚えます。

 

花粉症の症状も少し出てきました。

目やのどにかゆみがあります。

 

コロナウィルスに花粉、この春は受難のシーズンになります。