中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

幻の台湾旅行から学ぶ

次女が年末年始に3週間くらい一時帰国します。

スカイプで話していたら、どこかに旅行に行きたいと言い出しました。

台湾なんてどう?って。

台湾ならば、と長女も乗り気になり、1月3日か4日出発して6日か7日帰国予定で調べてみました。

大手旅行社のフライトとホテルだけのツアーでも、一人10万円ぐらいから。それなら今からでも予約できそうです。この時期多少の料金アップは覚悟ですが、流石に高過ぎ。

それで、ネットで格安チケット調べると、まだ買えます。一人3万5千円くらい。

夫はお留守番で3人のチケット代が11万円。

ホテルもネットのサイトで見ると3泊で4〜5万円くらいで選べます。

3人分の飛行機とホテルで15万円なら許容範囲です。

よし、決定しよう! 手続きを進めようと思っていたら、長女から待った がかかりました。

故宮博物院の一番の目玉、「翡翠白菜」が貸し出し中で見学出来ないからです。

故宮博物院は台湾観光の一番の楽しみなので、行くなら「翡翠白菜」が見られる時がいい、と。

計画倒れに終わった台湾旅行ですが、年末年始の時期でもいろいろ探せば以外と安く行けることがわかりました。これは収穫でしたね。

 

次点の候補は、近場の温泉で伊豆かしら。車で行く予定なので箱根もいいけど天気が荒れたらいやだし。国内だと夫も参加で4人です。旅館もピンキリで、下手したら台湾旅行並みの金額も出てきます、1泊で。

シニアになったら、ちょっといい旅館に行けると思っていた中流奥様?の私でした。

でもそれは大きな間違いでしたね。ボーナスをもらえた時代ですら行けない旅館は、シニアになったらなおさら遠ざかる、こんな当たり前の事に今更気がつきました。

 

これから、我が家の身の丈にあった宿泊先を探したと思います。もう遅いかしら?