中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

築地場外市場へお買い物。

次女が一時帰国したうえ、今週からボランティア活動も冬休みになり、一気に年末ムードになりました。

 

我が家のクリスマスは、週末でした。

実家の母が年賀状作成に来た日。

プリンターが壊れてしまい、年賀状はその日は出来なかったけど。

 

www.mamomi1.com

 

 夕飯を一緒に食べました。

母との夕食は、いつもは鍋料理か、手巻き寿司か、和食よりですが、クリスマス、ということで、洋食メニュー。

煮込みハンバーグと、冬至なのでカボチャのスープ。

サーモンのマリネサラダとか、ローストビーフが前菜系でした。

プリンターのあれこれ騒ぎで、写真は撮り忘れ。

娘達が買ってきたケーキを食べて、クリスマスっぽくなりました。

母も喜んでいたので、良かったです。

 

年末ムードとはいえ、大掃除には気が向かず、まずは買い物。

久々に、築地場外市場へ行ってきました。

豊洲に市場が移ってから初めてです。

 

でも、場外市場は変わらずにぎわっています。

観光客向けのその場で食べる炉端焼きの牡蠣やホタテ、2~3貫のマグロの握りずしのお店、など今まで見かけなかったお店も多くありました。

観光客向けと、買い物に来た人とが路地によって、別れている感じでした。

 

私達は、どっちつかず。

人混みの中、ウロウロしていました。

 

欲しかったのは、乾物、数の子など。

どこのスーパーでも買えるものばかりだけど、そこは築地で買ったことに、自己満足です。

品質も、価格も良いだろうと、と思って。

 

f:id:monimoni1:20191225160628j:plain

達磨さんのイラストのパッケージは、三陸の乾燥ワカメ。

1000円也。

乾燥ワカメは、よく使います。

いつものスーパーでは、値段に負けて、なかなか国産のワカメは手がでません。

ここは思い切って大袋で購入。

とろろ昆布も奮発して。

2袋なのは、次女も持って帰りたいというので、1袋は次女用。

削り節も、お雑煮用。

味見して、上品なスッキリした物と、普段使いの物。

茅乃舎の出汁で、お雑煮のお澄ましにしていましたが、今回は削り節の一番だしにします。

松前漬けも、もうセットになったものを購入。味付けだけ私がします。

 

数の子も、あれこれ迷って、迷い過ぎて。

f:id:monimoni1:20191225165943j:plain

 

比べると、折れていない姿がきれいな物がいいに決まっているけど、次女がどうせ折って食べるから、姿に拘らなくていいよ、と言ってくれたので、助かりました。

今は、薄皮を剥いた数の子も売っていてびっくり!

確かに数の子の薄皮を剥くのは大変だけど、それだけいろいろな人の手で触られたと思うと、買えませんでした。

 

蒲鉾と伊達巻のセットも購入。

f:id:monimoni1:20191225170009j:plain 

蒲鉾は小田原のイメージですが、今回は北陸産。

グルメではない我が家は拘りはありません。

おせち料理に並べられれば良し、です。

 

 

築地のランチは海鮮系、と決めつけてはいけません。

こちらのイタリアンも有名です。

開店の11時半に行って、12時前に入店できました。

 

 

画像お借りしました。

 

今週のランチコースで、まずこのボリュームのサラダ。

f:id:monimoni1:20191225160757j:plain

たくさんの野菜が入っていて、食べ応え十分。

 

私は、このお店の名物で、本日の貝類とチェリートマトのリングイネ。

 

f:id:monimoni1:20191225160825j:plain

貝類はこのボリューム。美味しい出汁がでています。

美味しかったです。

 

私にとっては築地場外市場は買い物へ行く、というより、レジャー感覚です。

大きなカニや、マグロ、寒ブリなど、美味しい物、贅沢な物が何でも売っています。

全て、見てるだけ~~ですが。

 

楽しい築地場外市場散歩でした。