中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

緊急事態宣言とオリンピック

はい、また出ます、東京に緊急事態宣言が。

日々の感染者数の増加からすると、当然と言えば当然なことです。

 

はたから見ると、恐ろしや東京、になるのかしら。

 

 

 

f:id:monimoni1:20210507141632p:plain

 

でも、私の周囲では、もう話題にも上がりません。

緊急事態宣言が出る出ないの違いは、お酒の提供の有無、というとらえかたです。

 

コロナ前も夜の部のお出かけは、年に数回。

夫に至っては、飲めない下戸なので夜の部のお誘いがかからないことは、ラッキィーにすら思っています。

完全リタイアの春先には、平常時だったら何回かの送別会があったことでしょうが、何も無しで、良かったようでです。

 

オリンピックも1都3県は無観客になりました。

あまりにも直前の変更なので、かなり混乱しているでしょうね。

我が家も多少の影響があります。

女子バレーボール予選の観戦チケットが当たっていました。

2枚で35000円くらい??でした。

無観客にならなければ、抽選の対象にならないので、観戦できたと思います。

 

振込んだチケット代金はいつ返金かしら、と早速気になっています。

 

東京開催が決まった時には、あんなにワクワクしていたオリンピックも、今や悪者扱いです。

前回の東京オリンピックの時、幼稚園児だった私は、聖火リレーを見た記憶があります。小さな子供だったので、最前列で見ることができました。

当時はりっぱな幹線道路なのに、歩道と車道を区切るガードレールがなく、臨時で張られたロープがやけにたわんでいたのが気になっていました。

 

今回も住んでいる区の聖火リレーのコースがすぐ近くでした。

57年ぶりに再び見られると、期待した時もあったのですが、中止になってしまいました。

f:id:monimoni1:20210709215819p:plain

幻になりました。

 

開会式のボランティアを予定している友達がいます。

コロナに関しては、かなり神経質でしたが、やはりオリンピックは特別なようです。

ボランティア優先のワクチンも1回しか接種できないし、都内に住む私の方が早く2回目が終わりますが。

無観客となったら、ボランティアの扱いはどうなるのかしら??


大雨特別警報も、日々場所を変えて出ています。もうこれ以上、大きな被害が出ませんように。