中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

1回目、接種しました。

昨日夕方、コロナワクチンの接種をして来ました。

何かあるとお世話になる町医者です。

娘たちも生まれた時からかかっていました。

長女が突発性発疹で初めて発熱して

、夫婦で慌てていても、時間外で診察してくれた地元のお医者さん。

 

今は、風邪も引かないので行く機会は減っていましたが、花粉症で毎年行きます。

 

そんな小さなクリニックなのに、予約時間5分前は、入り口で順番待ちでした。

小さな受付だから、一人づつ順番に受付て行きます。

中の待合室に入ると、すぐに呼ばれて診察室へ。

いつもの先生が、問診です。

利き腕は、左です、と、向かい合っていた先生に左腕を向けるために、椅子を回転させたら、動かないで‼︎ と、先生と看護師さんから注意されました。

 

注射をするのは、私の左側に立っていた看護師さん。

先生は問診だけでした。

注射は、痛くもなくあっという間に終わりました。

 

そのあとは、一人づつ15分にセットされたタイマーを側に置かれて待機。

 

15分立ったら、受付で次回の予約の確認をして終わりました。

 

待機時間含めて30分くらいでした。

 

2回目の人もいて、ワクチン接種の人がひっきりなしに来ていました。

 

もう、6月接種可能 の貼り紙は、ありませんでした。

 

今日は、左腕を上げると痛いです。

洗濯物が干せません。

これはコロナワクチンだからではなく、筋肉注射だから、と。

筋肉注射は初めてだからよくわかりませんが。

身体は元気です。

1万歩も歩けましたから。

 

まずは、ちょっと安心。

一番感染者の多い東京だし、オリンピックもあるし。

若い医療従事者の人たちも、副反応を乗り越えてワクチン接種して、さらに多くの人の命を救うべく今も頑張っているんですから、ワクチンを打たないということは考えませんでした。