中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

女子会のこと

隣県での女子会は、お昼に集合でした。

最寄り駅前のスーパーで、ランチやおつまみの買い出しをしました。


友達のマンションは、3棟もある大規模で、ゲストルーム完備です。

飲み物は、Oちゃんがあらかじめ冷やして用意しくれてました。


こんなお部屋でした。

まるで旅館のよう。

f:id:monimoni1:20200810064849j:plain


ゲストルームは、独立したら構造で、エレベーターも、他の住人と接点はありません。

隠れ家のようでした。


座卓にあれこれお惣菜をお皿に取り出すことなくケースごと並べて。

紙皿も無いので、お惣菜ケースの蓋を取り皿がわりにしました。


毎日毎日給食のおばさん頑張っている私たちだもの、ここは徹底してズボラ、手抜きをしました。


コロナ禍になってからのこと、特に気持ちが不安だったこと、たくさんたくさんしゃべりました。


特にUちゃんは、お母様を亡くしたり、息子くんの結婚式が延期になったり、他にも大変なことにが次々起こり、心労からかなり痩せてしまってました。

家族以外の友達と会うのは2回目、と、かなり慎重に暮らしていました。

コロナ感染が恐ろしいのは、もちろんだけど、あんなに社交的だったUちゃんの気持ちが外に向かなかった、というほどの心労だったと思うと、私には比べ物にならない大変な時間を過ごしたんだなぁー、と。


一方のOちゃんは、緊急事態宣言解除後は、習い事が復活したり、趣味のビーズのアクセサリー作りの販売スペースを確保したりと、とてもアクティブに活動しています。

もちろん、感染予防には、注意を払って。

Oちゃんはここ数年、実のお母様と義理父の介護ととても頑張っていました。

二人をお見送りしてやっと自分の時間が持てたところでの、コロナ禍でしたから。


座敷だから、もうごろ寝しながら、途中お昼寝もしながら。ランチビールをしたからね。


のんびり日常を離れた良い時間でした。