中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

#お家にいよう

ついつい見てしまうテレビです。

最近は、ニュースを見ると不愉快になります。

 

原因は、ニュースの報道の順番。

新型コロナウイルス関連がもちろんトップニュースです。

 

その中でも最近は経済や補償の関連が一番最初に報道されていて、とても違和感があります。

 

ウイルス感染終息に向かうための報道が大切だと。

そのために、今はお家にいよう、です。だから緊急事態宣言も出たんです。

 

なのに、営業自粛要請の対象となった飲食店の店主の恨みがましいインタビューなんて、流す必要があるのでしょうか?

しかもトップで。

 

経済的にダメージを受けた業種は、2ヵ月前から多数あります。ことさら飲食店主の嘆きを声高に取り上げても、私には響きません。

 

私は、まずひっ迫した医療の報道が重要だと思っています。

東京の感染者は毎日、前日の人数を超えています。今でこそ、無症状や軽症の感染者は、病院ではなく、借り上げたホテルでの経過観察になりました。

それまでは、無症状の人まで全員病院に入院、でした。

もちろん、感染者専用の病床ですから、数に限りがあります。

そこに、どんどん病状に関係なく感染者が入院。

後から感染が判明し、しかも症状が重い人がスムーズに入院もできなくなる恐れが出てきます。

医療崩壊です。

 

私も、少し前までは、基礎疾患は無いし、感染しても80%は軽症だし、日本の医療現場で治療してもらえるから大丈夫、と考えていました。

 

でも、この先、これが怪しくなってきました。

入院が必要となっても、直ぐに入院できずに自宅待機期間が出でくるでしょうね。

 

軽症というカテゴリーも、私の解釈と医学的なものでは、大きな隔たりがありました。

 

人工呼吸器が必要なほどの症状が重症で、必要ない人は、軽症。

だから80%の軽症者も、高熱が何日も出る人もいれば、発熱がない人まで、いるようです。

80%、軽症、というワードに誤魔化されていたと感じます。

 

命と経済の綱引きに見える国と都のやりとりなど、うんざりです。

 

感染が早く収束するように、一番恐ろしい医療崩壊が起こらないように、救える命を全て救えるように、今は耐える時。

 

でも、耐えてばかりでは、暗いから、変わる時、と考えたいですね。

家にいるから出来ることを、楽しんで。

時間の過ごし方は今まで通りではいかないから、耐えるのではなく変えていく、と、若い友達から教えてもらいました。

 

気持ちの持ち方、大切ですね。

#お家にいよう

楽しまないとね。