中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

兄のフランス土産~シャネルのマニュキア 

ずーと独身の兄は、姪っ子の娘達がいい大人になってもかわいいようで、次女が日本にいる時に食事に連れて行ってくれます。


次女が日本にいないときには、長女だけでも誘いますが、近年、長女はもうすぐ次女が帰ってくるから、その時にね、と、上手に逃げています。

 

兄にとっては、娘達は幼いころのまま成長が止まっているようで、いつも、子供のころの思い出話しかしないからつまらない、と、半分ボランティアのように、出かけていますからね。

 

兄は、若い時から、冬休み・夏休みとパリに必ず旅行に行きます。

人生最大の楽しみで、趣味なようです。国内やほかの国にはまず行きません。

よほどパリが気に入っているようで、パリに隠し子がいるんじゃないか疑惑まで出た時があります(笑)

そんなことは、ほぼないと思います。本当にパリが好きなだけでしょう。

年に2回も行けるなんて、羨ましい限りです。

  

旅行に行くと、割と娘達にお土産を買ってきてくれるのですが、どうもそれが娘達には不評でして。。。


例えば、ネックレスとかのアクセサリー類。

好みがありますからね、一流ブランド品だったら別でしょうが、そこそこの物は微妙なようです。

そもそも、娘達はアトピー肌なので、首のアクセサリーは苦手です。付けているのを見たことがありません。

 

衣類でカーディガンをもらった時も。

確かに上等なウールでした。でも、色合い、デザインがひと昔前で。。

私でも自宅用かしら。その割にクリーニングに出さなければいけない物。

一人暮らしの次女など、何でも大きなコインランドリーで洗濯しますから、取り扱いが面倒なセーターなど、嫌がります。

 

そこで、娘達は策を練りました。

 

お土産なら、シャネルの化粧品がいい、とリクエストしました。

シャネルなら、フランスが本場だし、兄でも知っているブランドだろうと、指名しました。

 

それが功を奏して、夏のお土産では、シャネルのリップグロスをもらいました。

姉妹けんかにならないように2本、ピンク系とレッド系。

 

f:id:monimoni1:20190113113149j:plain

 ラメも入っていてとてもきれいです。

ピンク系は次女がアメリカで使っていますが、長女のレッド系はちゃっかり私も時々使っています。

調べると、定価は3600円です。ちふれ化粧品ユーザーの私は、こんな価格のリップグロスは購入しないので、長女と兼用にしています。

 

この冬休みの旅行のお土産は、マニュキア。リクエストしたようです。

f:id:monimoni1:20190113105907j:plain

 レッド系は2018年限定販売の色でした。

仕上がりがマットで落ち着いた感じです。

早速、試し塗。

私はプールに行くので、気分も上がるので冬なのに足の指に塗りました。

伸びも良く、さすがシャネルでした。

 

今までのマニュキアは、すべて娘達が買った使い残りでしたからね。

自分で買うことはありません。

残り物のマニュキアとは、塗るときの感触がまるで違いました。

そもそも、ドラッグストアーのマニュキアですから、比べたらシャネルに失礼ですね。

あっ、このシャネルのマニュキアも娘達の物ですが・・。やっぱり兼用ですよ、なかなか減らないし。

これも、1本3200円。

 

またまた、味を占めた娘達。

これまでは、色番までは指定してませんでしたが、

今度はリップやマニュキアの色番まで指定しよう、目論んでいます。

 

兄がいつまでリクエストに応えてくれるでしょうか?

かわいい姪のためなら、続くかしら??

 

私と兄は仲良しではありませんが、娘達をかわいがってくれるのは、ありがたいですね。

 

www.mamomi1.com

 

今回の食事会は、長女が出張で参加できませんでした。

次女はおばあちゃんも誘おうと、兄に提案し3人で行きました。

兄と二人だと、会話に困るけど、おばあちゃんがいれば、大丈夫と考えたようです。

 

夫は、僕たちも一緒に行こうよ、と、言ってきましたが、私がNGです。

私達夫婦が行くと、支払がすべて我が家なんです、昔からどういうわけか。

良い恰好しいの夫で、時々なんだからいいじゃないか、と言います。

そりゃ、サラリーマン現役時代だったら、良かったですよ。

でも、今の我が家の家計だと、何で可処分所得の多い兄の分まで払うんだ、と、納得がいきませんからね。

なので、今回は遠慮しました。

 

兄も私たちがいないほうが、次女と遠慮なく話せて良いようです。

ごちそうさまでした。