中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

きくち体操~身体を動かす!!

水曜夜、何気なく合わせたTV番組、フジテレビ『梅ズバッ!』

初めて見る番組ですが、思わず見入ってしまいました。

 

きくち体操の紹介をしていました。

 

きくち体操って、名前だけは聞いたことはありましたが、詳しいことは何も知りませんでした。

 

登場した菊池和子先生は御年84歳とのこと。

その先生、信じられないプロポーションの良さです。背筋はきりっ、両足すらり、鎖骨もきれいです。

実家の母と同じ年とはとても思えません。

実家の母も、周囲から84歳に見えないとよく言われて、喜んでいますが、とてもとても比べられないほど、若々しい方でした。

 

きくち体操は創始者菊池和子の『動くことはなぜ心と体によいのか』という素朴な疑問から出発し、『どう動かすと体のどこにどういいのか』を50年以上にわたり繰り返し研究・実践し、その結果確立した『健康に直結する動き方』の集大成です。

HPより引用しました。

 

番組でお教室の様子も紹介されました。調べてみると四谷三丁目にありました。

ちょっと興味が湧きましたよ。通ってみようかしら?

 

これからは積極的に体を動かさないと、現状維持もできないんですからね。

私は、若い時に体育会系の部活は経験していません。運動音痴な上、体力に自信がありませんでした。

当時のお遊びテニスや、スキーなどは、ミーハーだったので経験しましたが、運動神経が鈍いので、万年初心者です。

 

でも、50歳台になって意識して身体を動かしてます。

ブームになった主婦向けのサーキットトレーニングに、通っていました。

ゴルフも始めました。

五十肩になった時に、区民プールの水中エアロビへ通いだしました。

週1~2回程度。水の中は良く体が動くので、冬になっても通っています。

身体を動かすと、よく眠れます。

 

番組で紹介された二人一組でやる体操を夫とやったら、夫の体が硬くてビックリ。

長女とやったらすんなりできたのに。

夫もショックを受けていました。84歳の先生はあんなにしなやかなのに。

84歳の先生を見ると、説得力がありますね。

若い先生にがんばりましょう!と言われるよりも。

 

これから年末年始は食べることが一番の楽しみで、カロリーオーバーが目に見えています。

まめに体を動かして、体重を増やさない、が目標です。