中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

ボーナスと好景気??

我が家の長女も先日ボーナスが支給されました。2ケ月分の支給だそうです。 

長女には、ついついちゃんと貯金しておきなさいよ。と、言ってしまいます。

でも、私が若い頃のことを考えると、ボーナスはほとんど使っていたなぁーと思います。

今の若者のように、貯金なんてことは考えていませんでしたから。

 

長女は、ボーナスからは厚生年金や健康保険料、税金などかなり引かれていたらしく手取りは8割位だったと嘆いていました。

今の社会保険料の高さには驚くばかりです。

それは夫がサラリーマン現役時代に嫌と言うほど感じていました。

厚生年金保険料は将来の貯金だと思うようにしていました。長女にもそのように伝えています。

長女が年金をもらう時代には、どれほどの支給になるかわかりませんが、今の銀行銀行に預ける利息よりは良いはず、と、思っています。

なので貯蓄と思うとあまり腹も立たないからね、と話題にしました。

 

朝のニュースで、

『平成24年の12月から始まった今の景気回復が高度経済成長期の好景気「いざなぎ景気」を超えて、戦後2番目の長さとなったことが確認されました。』

と言っていました。

 

これには長女と驚きました。

えっ、今って景気がいいの?? 全く実感がありません。

 

確かに少し前の、不況だ!節約・貯金・デフレというワードは影を潜めています。

でも個人消費は、どうなんでしょう。

若者が早いうちから将来を考えて貯蓄を考える、という時代ですからね〜。

なかなか好景気を実感できません。

 

あ、もう年金生活になる我が家は、景気動向には左右されないのかしら?

年金支給も年金支給と連動するようだし←不勉強。

 

長女 はボーナスでご馳走してくれるそうです。

親としては、気持ちだけでもいいんですが、ここは、景気に貢献?っていうことで奮発してもらいましょう。