中流奥様の還暦ブログ

昨年春に祝還暦!2歳年上の夫は2年前に定年退職し、現在再雇用で働いています。今になってやっと2年前の大きな変化に適応できてきました。特に家計面、そして夫の生活変化への折り合い。今日が一番!をモットーにこれからの日々が過ごせますように!!

兄との付き合い方~新局面

私は3歳上の兄と二人兄妹です。

兄は、一人暮らしの母と同じ最寄駅に、ずーっと独身で一人で暮らしています。

兄妹仲は悪いわけではないけど、積極的に交流してないので、淡白なんだと思います。本音を言えば、兄は苦手なタイプです。

私が結婚してからは疎遠になりましたね。主に母から兄の近況を聞いていました。

兄は夏休みや年末年始は旅行に行っていたので、顔を合わす機会も少なかったです。

父が入院した時や、亡くなった時に葬儀に関してなどを、久々にじっくり会話をしました。

世間話はなく、事務的なことだけ、を話す仲という感じ。

 

そんな兄も還暦過ぎて、定年退職、再雇用となっています。

今月初め、兄から、自宅に電話がかかってきました。驚きました。

普段連絡ない兄からなので、「母に何かあったのでは。」とドキドキしました。

母は健康だけど、もう84歳だからね〜。急に倒れることも有りえますので。

電話は、兄が「検査入院するから、(私に)保証人になって欲しい。」という要件でした。

私の住所と携帯電話番号の確認です。


夫は「どこの検査か、なんで聞かないんだ?」 と不思議がっていましたが、兄も言わなかったし、私も聞きませんでした。この辺りが、淡白な仲の所以でしょうか?


結果が良ければ、この件は忘れるし、結果が悪ければ、自ずと明らかになると思ったからです。


入院先の病院名から、また年齢から、ある程度の推測は出来ますが、本人が言わないことは、この段階では無理に聞き出さなくてもよい、と判断しました。

 

検査結果は良好で、安心しました。

なので、今回は、この電話一本で事足りましたが、いざとなったら、私も出動だったのでしょうね。

 

今までは、老齢の母だけが守備範囲と思っていました。

でも、還暦過ぎの独身の兄も、何かあったらカバーしなければならないと、気がつきました。妹の私が保証人や、看病する人になるんですね。

 

兄にしても今まで健康で暮らしていたのに、何かあったら、頼るのは妹の私、と気がついたと思います。


この件は、兄の意向により、母には知らせません。年寄りに無用な心配ごとは、させたくありませんから。

 

兄には、銀行口座や印鑑、マンションの登記簿などの貴重品のありかをわかるように、言わなければなりません。

兄は、某大臣同様、パソコンを使わないアナログ人間なので、ネット銀行が無いのは、良かったです。いざという時に慌てないように。

 

兄とは、いままでは、健康だったから疎遠でしたが、これからは何かあったら兄は私に頼ることになるんだな、と思いました。

普段のつきあいは今まで同様に疎遠でも、何かあった時には兄も家族ですよね。

 

兄のマンションなどは、最終的に私の娘達にいきます。

 兄よ、無駄遣いせずにしっかり残してくれよ!!と、薄情な妹の私は思うわけでもあります。