中流奥様の還暦ブログ

還暦から4年も過ぎました。2歳上の夫は完全リタイア2年目。完璧な年金生活者になりました。家計のことお金の動きを中心に綴っています。

2024年5月家計簿集計

5月の総支出は367784円でした。

 

赤字の月毎の費目は水道代金がないので15万円台。

とても良い感じ。

食費が前月より上がっていますが、諸物価上昇の時節柄、致し方なしと。

 

食費 合計 68,750円 19.16%
食費 62,759円 17.49%
外食 5,991円 1.67%
日用品 330円 0.09%
携帯電話 31,273円 8.72%
放送視聴料 2,530円 0.54%
情報サービス 500円 0.10%
管理費・積立金 18,610円 4.00%
水道・光熱費 合計 15,822円 4.41%
保険 合計 14,905円 4.15%
小  計 152,720円  
趣味・娯楽 合計 176,053円 49.07%
健康・医療 合計 11,290円 3.15%
衣服・美容 合計 18,659円 5.20%
交際費 合計 1,999円 0.56%
交通費 合計 6,000円 0.06%
旅行 0円 0.00%
税・社会保障 合計 12円 0.00%
コンピュータ関連 1,051円 0.29%
その他 合計 215,064円  

 

特別費

趣味・娯楽 合計

妻(私)は旅行費用などで、55000円の支出です。

夫もゴルフに2回いきました。

長女も、夫の名義のカードで買い物をしました25000円。(これは後程精算しています。清算された金額は、なぜか長女の銀行口座へ入金)

 

あれこれ嵩んだようです。

 

健康・医療 合計

夫が近所のクリニック受診と私の歯医者。

 

衣服・美容 合計

私の夏物衣料、夫の理容院。

 

総支出は、驚くような金額ではないけれど、夫婦のお小遣いの支出は多かったようですね。

最低限の生活なら15万円ほど。あと、医療費を1万円ぐらい増やせば、生活をしていけるようです。お楽しみの部分を考えなければ。

20万円あればいいのかしら?

 

夫の病気がわかり、ちょっとこれからの生活について、あれこれ考えてしまいます。

今月の医療費は、たいへんですよ!

 

ご無沙汰していた経緯

びっくり! 1ヵ月も更新していませんでた。

理由は、夫の健康状態。

5月ゴールデンウィーク後から

近所のクリニックを受診する →

レントゲン血液検査特に異常なし → 服薬(痛み止め) → 

回復せず → 2週間後大学病院の紹介状を書いてもらう → 

大学病院初診の予約は10日後? → 

初診当日がやっとくる(いろいろ検査したそう)担当医がじっくり話を聞いてくれたと喜んでいた → 

当日には診断ができない(検査結果が出そろうのを待つから) →

1週間後に再診予約 → 

再診日に病名をほぼ確定 症状を改善する薬を飲むことに →

翌日から、服薬をはじめる ⇦ 今ここ

 

大まかな流れはこんな感じ。

関節が痛い、2~3本の指が腫れるが最初の不調。そのうち足の甲もかなりむくみだす。全身の力が入らないが症状としてでていました。

検査の結果、病名はほぼリュウマチ。リュウマチの薬を飲み始めました。

近所のクリニックでの血液検査ではリュウマチの値はボーダーを超えていなかったんですけどね。。。

 

私にできることはなんだろう? と考えていました。

結果、私は今までと同じペースで過ごすこと、となりました。

夫はかまわれるのは嫌なタイプ。 我慢強いというか。

私が口やかましいせいか、「どこが痛いのか、何か食べたいものはないか、ちゃんと水分をとって」などと。

だから「黙って」、といわれちゃいます。

 

意識したのは、笑える話を多くすること、ですね。

 

そんな1ヵ月をすごしました。

 

やっと、診断がつき、病気の根本に効く薬が処方され、ホッとしています。

今までは痛み止めしか処方されていませんでしたので。

 

そんな中、私も誕生日を迎え66歳になりました。

もう無理がききません。心労がたたったのか、歯茎が腫れて歯医者にかけこんだりしました。5日間ほど抗生物質を飲みました。

 

でも、5月末には以前から計画していた仲良し3人組でのゴルフ旅行に行きました。

 

先週末には母の日、私の誕生日、ついでに父の日のランチ会も家族でしました。

娘たちが招待?してくれました。

このランチ会、夫が参加できるかやきもきしていましたが、参加できて良かったです。

 

5月の家計簿の記事と思って書き始めたら、ご無沙汰の経緯を書いてしまいました。

次は、家計簿を記事にしたいと思います。

 

 

 



 

2024年4月家計簿集計

快適な陽気の日が続いています。

衣替えも終わらせたし、午前中は身体が動くので久しぶりにベランダの片づけをしました。

旅行のパンフレットの冊子や潰した段ボールが乱雑に置かれていました。

スッキリひもでくくり、次回の回収日に出せるようにしました。

その後、ベランダの床の掃除。

掃き掃除の後、水を撒いて、そして捨てるタオルでごしごし拭き掃除。

元のベランダの床の色が蘇ってきました。

この作業中、潜んでいた花粉が舞いだしたのか、くしゃみが止まらず。

マスクをしたら、くしゃみが止まりました。

マスク、大切ですね。

 

 

4月の総支出は469286円でした。

食費がいい感じです。

夫の買い物もだいぶ食費につけています。なのにこの金額で収まりました。

 

光熱費は水道代あり。

その水道代、こちらも久々に安かったです。

でも振り返れば、義母の葬儀で家を空けている日数が多かったので、理由ありです。

 

食費 合計 70,102円 15.05%
食費 50,338円 10.81%
外食 19,764円 4.24%
日用品 8,608円 1.85%
携帯電話 28,735円 6.17%
放送視聴料 2,530円 0.54%
情報サービス 500円 0.10%
管理費・積立金 18,610円 4.00%
水道・光熱費 合計 29,259円 6.28%
保険 合計 14,905円 3.20%
小  計 173,249円  
趣味・娯楽 合計 91,460円 19.64%
健康・医療 合計 9,836円 2.11%
衣服・美容 合計
20,288円 4.36%
交際費 合計 7,599円 1.63%
交通費 合計 3,000円 0.06%
税・社会保障 合計 3円 0.00%
特別な支出 合計 163,521円 35.11%
手数料 330円 0.07%
その他 合計 296,037円  
     
     

 

特別費。

その中の特別な支出 合計 

163521円は、義母の四十九日の帰省でかかった費用です。

夫婦の飛行機代、ホテル代、飲食。

 

衣服・美容 合計 

私の美容院で12000円。

夏物の衣類3点で8千円。安物買いをしたのかしら?

 

税・社会保障 合計

国税として3円徴収されていました。なんでだろう?

 

交際費

実母とのランチ代。

 

義母の四十九日の帰省がなければ、30万円ほどの生活費でした。

趣味・娯楽 合計の比率が高いのは重々承知。

でも、今のままで大丈夫! と信じていきましょう。

今年のゴールデンウィーク 

今年のゴールデンウィークも終わります。

晴れている日が多かったので、冬物の洗濯がはかどりました。

4月後半まで、花粉が怖くて洗濯物は部屋干しです。やっとお日様の下で乾かせる時期ですから。

 

今年のゴールデンウィークは、26日金曜日夜から始まりました。

ボランティアでお世話になった先輩がお引越しするので、少人数で送別会をしました。

地元のイタリアンですが、夜に集まる機会がなかったので、目新しかったです。

4人で集まって、お会計は3人で支払って一人3800円。

 

27日土曜日は、1日習い事の試合に出ていました。

参加費 2000円 10時半から午後5時位まで、お弁当持ちで1日遊べます。

夕飯は長女がカレーを作ってくれました。 感謝。

 

28日は、洗濯などに追われて。

 

29日は、一人で池袋まで化粧品を買いに行きました。

連休最終日だけど、覚悟していたより混んでいませんでした。

夏服など、ブラブラ見て歩きました。百貨店の洋服売り場は空いています。

 

30日 この日も習い事へ。

 

1日 悪天候で、家で過ごす。

 

2日 長女と江戸東京たてもの園へ。

 

www.mamomi1.com

3日 ボランティア仲間と勉強おしゃべり会。

地元でランチして、それからおしゃべり。暑い日だったから、ビールも飲んでしまいました。 1700円ぐらい。

 

4日 この日も1日習い事の試合に出ました。参加費2000円。

連休なこともあって、立て続けに参加していますが、普通は月に1回程度です。

この後は、仲間と祝勝会をしました。順位は関係なく、無事に試合が終わったことを祝して。フレンチのビストロ的なお店で5人で。良く飲む仲間なので、お会計も5700円也。

 

5日 次女が帰って来ました。

夕飯はリクエストで手巻き寿司。ステーキ肉も焼いてサラダの上に贅沢なメニューです。 手巻き寿司の具は、スーパーでセットになったもの2000円。ステーキ肉も国産牛が4割引きで800円ほど。

次女はケーキを買って来てくれました。

 

6日 最終日強風。予定もなくゆっくり。暑くなかったので、良く歩く8千歩ほど。

 

と、こんなゴールデンウィークでした。

振り返ってみると、夫と一緒の行動がありませんね。

良い事かしら??

江戸東京たてもの園

ゴールデンウィークの平日、長女と小金井の江戸東京たてもの園に行きました。

快晴だけど、暑さもなく1日屋外にいても汗をかかないで、快適でした。

 

正面入り口。

昭和15年に建設された式殿(起源2600年を祝うため)を移築したもの。

f:id:monimoni1:20240506080141j:image

 

園内の建物の多くは靴を脱いで見学できます。

 

一軒一軒の建物に、詳しい説明パネルがあり、それを読んで室内を見学していくと、あっという間に時間が過ぎていきます。

 

f:id:monimoni1:20240506080138j:image

 


f:id:monimoni1:20240506080135j:image

 

 

私の子供時代の商店街も再現されていました。

f:id:monimoni1:20240506080144j:image

私には懐かしく、長女には映画のセットのように物珍しく、良く歩いて楽しかったです。

 

都の施設なので、65歳以上は200円なのも魅力です。

大人は400円。

 

この施設は小金井公園の一角にあります。この公園は初めて行きましたが、それはそれはとても広く、桜の木も多く、次回はさくらの時期に来たいね、と話していました。

 

脱ぎ履きしやすい靴を履いくように、と長女から言われていましたが、本当にその通り。スニーカーは向いていない施設でした。

 

藤の花

藤の花を見に行きました。

関東だと、足利フラワーパークの藤が有名だけど、電車だと時間がかかるし、何より混雑してるので、他の場所を探しました。

埼玉の藤の牛島駅から、歩いて10分ほどの藤花園。

駅名に藤がついてます。

園までの個人のお宅の庭にも、素敵な藤棚があちこちにありました。

 

行った日は、雨予報の曇りの日。

混雑もなく、人が映り込まない写真が撮れました。

ちょうど見頃。

藤は、満開になると、上の花が枯れてくるので、房の下が蕾の方が見頃。

f:id:monimoni1:20240428063440j:image
f:id:monimoni1:20240428063450j:image
f:id:monimoni1:20240428063445j:image
f:id:monimoni1:20240428063453j:image
f:id:monimoni1:20240428063437j:image

ちょうど見頃でした。

藤棚の下に行くと、藤の良い香りがしました。


f:id:monimoni1:20240428063448j:image
シャクナゲの花も咲いてました。

 

予定では、園内でお弁当を食べることにしていましたが、あいにくの天気だったので、断念。

バスで春日部駅に出ました。

春日部駅前にも、1Kmにも及ぶ藤棚があります。こちらも、ちょうど見頃でした。

写真の奥まで続く、満開の紫の花が天井から下がった街道沿いの藤棚の写真

画像お借りしました。

 

往復藤棚の下をお散歩。

 

藤花園  入場料1200円

 

交通費、飲食費がかかっていますが、お天気もなんとかもって、楽しくお花見をしてきました。

義母、四十九日納骨 2

納骨した翌日は、私たち夫婦で隣県の従兄妹たちに挨拶に行きました。

義母は末っ子なので、葬儀に来られなかった高齢の従兄妹もいましたから。

 

義母の本籍も隣県なので、戸籍の附票を役場にとりに行くのも大きな目的です。

 

挨拶は3軒のお宅に伺いました。

皆さん、同じ地域に住んでいるので、移動は楽です。

その中の1つのお宅で、義母の若い頃の写真が収まったアルバムを見せてもらいました。夫が産まれる前の義母なので、夫も初めて見る写真ばかり。

幼い夫が写った写真もあり、とても楽しかったです。

 

先に戸籍の附票も取り寄せていたので、それと照らし合わせて、これが○○おばさん、△△おじさんと、名前とも一致させながら見ていきました。

夫もあいまいだった幼い頃の記憶がはっきりしたようです。

 

ちょっとしたファミリーヒストリーでした。

 

雨の中、2時間かけて実家に戻りました。

この日は、姪甥も帰ったので、実家に泊まりました。

義妹が夕飯を用意してくれて、ありがたかったです。

簡単なものだけど、と言ってましたが、白米、みそ汁、煮物がおいしかったです。

 

その夜も、取り寄せた戸籍の附票を見ながら、家系図を書いたりして、遅くまで話していました。夫も義妹も、おじさん、おばさんの全容がわかったようです。

義母は10人兄弟でしたし、従兄妹も年齢が離れているので、勘違いしていた部分もあったようです。

遡ると、明治以前の文久生まれの方の記載もあり、他人の私が見ても興味深かったです。

 

翌日は、東京に帰るだけ。

昼の便に乗って帰ってきました。

 

飛行機代二人往復  約85000円

ホテル代(娘たち1泊、私達2泊分) 24420円

会食代  48000円

レンタカー高速代ガソリン代  約40000円

お土産他  約10000円

 

まだクレジットカードの明細が反映されていない支出もありますが、速報値で210000円ですか。。。 

 

やはり、かなりお金がかかっていましたね。。。。